メトロ書店イベント情報

毎月好評のメトロ書店長崎本店で「ゆるりとブックトーク」は2019年3月16日(土)15時~16時予定です。
参加費1000円。スターバックスのコーヒー(レギュラー、カフェモカ、スタバラテ、紅茶からお選びください)とBAKEのチーズタルト付き。

今月のテーマは「卒業」
あなたのおすすめの本を持ち寄り、ゆるりとおしゃべりしませんか?

写真は2月のブックトークの写真です。






メトロ書店長崎本店2019年2月の「ゆるりとブックトーク」は以下の日程で開催いたします。(毎月15日とご案内していましたが、変更になりました)

2019年2月16日(土)14時~15時
場所:メトロ書店長崎本店 ちえの木前
会費:¥1,000(コーヒー&お菓子つき)

テーマ:「寒い季節に熱い本」

参加お申込みは
メトロ書店本店0120-846-468
またはhonten@metrobooks.co.jp

↓写真は12月のブックトークの様子です



100名様ご招待
川崎興産株式会社・メトロ書店創業60周年記念

林真理子さん講演会



講演会「読書と人生」
日時:2019年3月27日(水)15時~16時(開場14時30分)
開場:ホテルニュー長崎丹頂の間
入場無料:入場整理券(招待券)をお配りしています。
入場整理券のご予約はメトロ書店本店0120-8460468
講演会会場では本の販売ならびにサイン会はいたしません。

林真理子氏「愉楽にて」サイン本お渡し会


日時2019年3月27日(水)17時~18時 メトロ書店本店(アミュプラザ長崎3F)
メトロ書店のレジにて「愉楽にて」(日経新聞出版)1944円をお支払下さった方先着100名様に林真理子さんサイン本「愉楽にて」お渡し会整理券を
さしあげます。林真理子さんと直接お話しするチャンス

*林真理子さんの他の著作や、すでにお持ちの「愉楽」にてにサインはいたしかねますのでご了承くださいませ。

*お問合せメトロ書店本店0120-846ー468

プロフィール林真理子(作家)


昭和29年(1954年)4月1日、山梨県に生まれる。

昭和51年(1976年)日本大学芸術学部文芸学科を卒業。
コピーライターを経て、

昭和57年(1982年)エッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」を出版、

昭和59年(1984年)処女小説『星影のステラ』が直木賞候補に選出されたことを機に、執筆業に専念。

昭和60年(1985年)『最終便に間に合えば』『京都まで』により、第94回直木賞を受賞。

平成7年(1995年)『白蓮れんれん』により第8回柴田錬三郎賞を受賞。

平成10年(1998年)『みんなの秘密』により第32回吉川英治文学賞を受賞。

平成12年(2000年)直木賞選考委員に就任。数々の文学賞の選考委員を務める。

平成23年(2011年)レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受賞。

平成25年(2013年)『アスクレピオスの愛人』により、第20回島清恋愛文学賞を5受賞。

平成30年(2018年)紫綬褒章受章

【著書】
『ミカドの淑女』『女文士』『不機嫌な果実』『書物をめぐる物語』『年下の女友だち』『anego』『アッコちゃんの時代』『ウーマンズ・アイランド』『RURIKO』
『下流の宴』『本朝金瓶梅』『秘密のスイーツ』『六条御息所源氏がたり』『野心のすすめ』『正妻』『出好語』『ネコ好き、私好き』『フェイバリット・ワン』『STORY OF UJI』『毎ストーリー私の物語』『ビューティキャンプ』『私のスポットライト』『中島ハルコはまだ懲りてない!』『美女は天下の回りもの』『不倫のオーラ』『我らがパラダイス』『西郷どん!』『愉楽にて』など。

 

川崎興産株式会社メトロ書店創業60周年記念 &『続 横道世之介』発売記念 吉田修一さんサイン会決定!

日時:2019年3月2日(土)14時~15時
場所:メトロ書店本店

2月26日頃発売予定の新刊『続 横道世之介』(中央公論新社、1728円税込)をご予約・お買い上げのお客様先着100名様に整理券を進呈します。

本と整理券のご予約は↓まで
メトロ書店本店 0120-846-468
またはhonten@metrobooks.co.jp

*サイン会時の注意事項
「続・横道世之介」以外の著作のサインについて。
「国宝」(上下)のみメトロ書店でお買い上げの本に限り、
サインをして頂けます。他の作品や色紙などには不可です。

写真撮影はNG、ネットへの公開もNGとさせて頂きます。




みなさまのご参加お待ちしております♪



『続 横道世之介』簡単なあらすじ
バブルの売り手市場に乗り遅れ、バイトとパチンコで食いつなぐこの男。名を横道世之介という。人生のダメな時期にあるのだが、なぜか彼の周りには笑顔が絶えない。鮨職人を目指す女友達、大学時代からの親友、美しきヤンママとその息子。そんな人々の思いが交錯する27年後。オリンピックに沸く東京で、小さな奇跡が生まれる。





【吉田修一さん(よしだしゅういち)プロフィール】
1968年長崎県生まれ。97年「最後の息子」で文學界新人賞を受賞、作家デビュー。2002年『パレード』で山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で芥川賞、07年『悪人』で毎日出版文化賞と大佛次郎賞、10年『横道世之介』で柴田錬三郎賞を受賞。その他の著書に『怒り』『ウォーターゲーム』『国宝』など多数。

【日 時】2019年1月15日(火)18時30分~19時
【会 場】メトロ書店本店ちえの木前コーナー
【テーマ】2018年に出た本で一番良かった本

以下、①書名②著者名③文春文庫  

フェルメール最後の真実
②秦新二
③文春文庫

次回作にご期待ください1、2
②問乃みさき
③角川文庫

モンテレッジオ小さな村の旅する本屋の物語
②内田洋子
③方丈社

三船敏郎全映画
③洋泉社

長崎新地中華街の薬屋カフェ
②江本マシメサ
③小学館文庫

福岡市を経営する
②高島宗一郎
③ダイヤモンド社

10年後の仕事図鑑
②堀江貴文×落合陽一
③SBクリエイティブ

密柑
②芥川龍之介
③リットーミュージック

文豪とアルケミスト文学全集第2記
②神楽坂ブック倶楽部
③新曜社

宮沢賢治「オノマトペ」集
②宮沢賢治
③筑摩文庫

都会(まち)のトムソーヤ
②はやみねかおる
③講談社

私が誰かわかりますか?
②谷川直子
③朝日新聞出版社

今回も美味しい珈琲とベイクタルトをいただきながら、
熱い読書談義で盛り上がりました。

来月もお楽しみに♪
みなさまのご参加お待ちしております♪




ソラリアメトロでゆるりとブックトーク
2019年1月25日(金)18:30~19:30
場所:メトロ書店ソラリアステージ
会費:500円コーヒー付。
今月のテーマ「2018年に出た本で一番良かった本」
お申込みはメトロ書店ソラリアステージ  solaria_stage@metrobooks.co.jp
電話092-753ー6116お気軽にどうぞ。

写真は先月のブックトークの様子です。


長崎メトロでゆるりとブックトーク
2019年1月15日(火)18:30~19:30
場所メトロ書店本店ちえの木前
参加費:1000円(コーヒー&お菓子付)
今月のテーマ 2018年に出た本で一番良かった本。

お申込みは メトロ書店本店 honten@metrobooks.co.jo
電話0120-846-468お気軽にどうぞ。

写真は先月のトークの様子です。


1月14日は成人の日。メトロ書店JPIC公認読書アドバイザーが、成人のお祝いに1万円で本をお選びいたします。


(ご予算に応じて、5千円、3千円などお選びいたします)

以下の事項をご記入の上、メトロ書店本店までメール honten@metrobooks.co.jp
またはFAX095-821-5490へお送り下さい。
件名に「成人の日のお祝い選書希望」とお書き下さい。
?お客さまのお名前
②電話番号、メールアドレス、FAX番号
③送りたい方の性別、
④送りたい方の性格(おとなしい、スポーツマン、本をよく読んでいるなど)
⑤こんな本を送りたいというご要望

おってこちらから候補作品をお返事いたします。

宅急便で先方にお届けすることも可能です。
ご相談下さい。