メトロ書店イベント情報

日時3月16日(土)13:30~14:30
テーマ「卒業」
紹介された本
?「夜のピクニック」(恩田陸、新潮文庫)
②「卒業」(東野圭吾、講談社文庫)
③「晩秋」(R.B.パーカー、早川文庫)
④「1971年の悪霊」(堀井憲一郎、角川新書)
⑤「負けるな、届け!」(こかじさら、双葉文庫)
⑥「桜風堂ものがたり」(村山早紀、PHP文庫)
⑦「犬も食わない」(尾崎世界観、新潮社)
⑧「働き方デザイン」(大嶋祥誉、日本能率協会)
⑨「サイボーグ時代 リアルとネットが融合する」
(吉藤オリィ、きずな出版)
 
 
ずばり、卒業がテーマの小説から、
人間(アナログ)を卒業⇒AIサイボーグの時代へ、
過去の自分からの卒業など。
参加者の皆さんの目のつけどころが面白かったです。
 


来月は4月13日(土)14時~予定です。
テーマは「嘘」参加費¥1000
ご予約の際に、ご希望のコーヒーの種類*スターバックスアミュプラザ長崎店様です。
?レギュラーコーヒー(砂糖・ミルクの有無)、②カフェモカ、③スタバラテ、④紅茶
と、ご紹介予定の本(決まっていれば)をご記入の上、
メトロ書店本店0120-846-468、またはhonten@metrobooks.co.jp
までお申込み下さい。


 
『胎児のはなし』(ミシマ社)刊行記念
最相葉月さん×増﨑英明先生(長崎大学病院長)トーク&サイン会
「誰も知らない“赤ん坊になる前“のこと」

■日時:2019年4月6日(土)14:00~(開場13:30~)
■会場:アミュプラザ長崎4階会議室(“居酒屋朝次郎“左通路奥)
https://amu-n.co.jp/access/
■定員:50名様 
■出演:最相葉月(ノンフィクションライター) 
    増﨑英明(長崎大学病院長・産婦人科医) 
■参加条件: 書籍『胎児のはなし』をメトロ書店にてご購入の方(※参加費無料)
■ご参加方法: 書籍ご購入時にお渡しする整理券を当日お持ちください。
※既にご購入済みの方は、メトロ書店本店レジカウンターにてお申し出ください、
整理券をお渡しいたします。(メトロ書店で購入の方に限ります)
■主催:メトロ書店 協力:ミシマ社
■お問い合わせ: <メトロ書店 本店> アミュプラザ長崎3F(JR長崎駅ビル) 
TEL: 095-821-5400 営業時間:10:00~21:00

【書籍紹介】
『胎児のはなし』最相葉月、増﨑英明(共著)/ミシマ社
経験していない人はいない。なのに、誰も知らない「赤ん坊になる前」のこと。超音波診断によって「胎児が見える」ように――。新時代の産婦人科界を牽引した「先生」に、生徒サイショーが妊娠・出産の「そもそも」から衝撃の科学的発見、最新医療のことまで全てを訊く。全人類(?)必読の一冊。出産経験のある人も、ない人も、男性も――読んで楽しくて、ためになる!
2019年1月29日発売定価:1,900円+税ISBN978-4-909394-170
http://mishimasha.com/books/taijinohanashi.html


【著者紹介】
最相葉月(さいしょう・はづき) 1963年生まれ。兵庫県神戸市出身。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、精神医療などを取材。著書に、『絶対音感』『星新一 一〇〇一話をつくった人』『セラピスト』(以上、新潮文庫)、『青いバラ』(岩波現代文庫)、『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』(岩波新書)、『れるられる』(岩波書店)、『理系という生き方 東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』(ポプラ新書)、『未来への周遊券』(瀬名秀明との共著)、『辛口サイショーの人生案内』(以上、ミシマ社)など


増﨑英明(ますざき・ひであき)1952年佐賀県伊万里市生まれ。1977年長崎大学医学部卒。1999年~2000年にロンドン大学へ留学。2006年より長崎大学医学部産婦人科教授。2014年より長崎大学理事・病院長。日本産科婦人科学会理事、日本人類遺伝学会理事、日本生殖医学会理事、日本産科婦人科内視鏡学会常務理事、日本産科婦人科遺伝診療学会理事長などを歴任、産婦人科の世界をリードしてきた。著書に『密室』『密室Ⅱ』(以上、木星舎)、『動画で学べる産科超音波』(メディカ出版)など。2018年長崎大学名誉教授に就任。


メトロ書店にてインストアライブも大好評、プロのジャズ・ピアニストとして活動する著者の平戸祐介さんが、これまでに培ったノウハウなどをもとに、ジャズ・ピアノ初心者が3年後にジャム・セッションをできるようになる練習法を解説します。“コード・トーンと音程”“セブンス・コードの響き/仕組み”といった基礎から始めて、アドリブができる技術が身に付くよう丁寧にレッスンを進めていきます。演奏についてはもちろん、ジャズという音楽についての知識も深まる一冊です。


メトロ書店本店にてご予約受付中!0120-846-468
発売:3月27日頃 定価:(本体2,000円+ 税) 仕様:A4変形判/112ページ(予) 付録:CD1 枚
著者:平戸 祐介 ISBN978-4-8456-3313-5

川崎興産株式会社メトロ書店創業60周年&「シェーラ姫の冒険」発売記念
村山早紀さんサイン会

長崎在住の人気作家村山早紀さんの代表作「シェーラひめのぼうけん」が愛蔵版になって刊行されます!

2019年3月23日(土)15時~16時
メトロ書店本店にて(アミュプラザ長崎3F、電話0120-846-468)

3月20日頃発売予定の「愛蔵版シェーラ姫の冒険」(上下・各1944円)をお買い上げの方先着100名様に整理券配布。

フォア文庫刊行から20年、多くの読者に支えられた村山早紀さんの原点が装いも新たに待望の復刊
1997 年より児童文庫「フォア文庫」で刊行していたシリーズ(全 10 巻)を YA 向 きの文字組にし、加筆修正して、装いも新たに発売します。






【村山早紀さんプロフィール】

「コンビニたそがれ堂シリーズ」(ポプラ社)の大ヒットをはじめ、「桜風堂ものがたり」( PHP研究所)と「百貨の魔法」(ポプラ社)が2年連続で本屋大賞にノミネートされるなど、今勢いのある作家。長崎市在住。

その村山早紀さんの原点となる作品です 。今は大人になってしまった日本中の子供たちの胸を熱くした作品!

サイン会のお申込み(本と整理券のご予約)はメトロ書店本店0120-846-468
またはメールhonten@metrobooks.co.jp








 

川崎興産株式会社メトロ書店創業60周年&「魔眼の匣の殺人」刊行記念
今村昌弘さんサイン会

●2019年4月13日(土)
●17時~18時
●メトロ書店本店にて(アミュプラザ長崎3F)
●電話0120-846-468

2月20日発売の新刊『魔眼の匣の殺人』(東京創元社:1,836円税込)をお買い上げのお客先着100名様に整理券を配布。
サイン会お申込みはメトロ書店本店まで!!



【内容紹介】

その日、”魔眼の匣”を九人が訪れた。人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じこめられた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し、、、。ミステリ界を席巻した『屁人荘の殺人』シリーズ第二弾。


今村昌弘(いまむら・まさひろ)
1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屁人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018』、〈週刊文春〉ミステリーベスト10、『本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞〔小説部門〕を受賞、第15回本屋大賞3位に選ばれるなど、高く評価される。今最も注目される期待の新鋭。
毎月好評のメトロ書店長崎本店で「ゆるりとブックトーク」は2019年3月16日(土)13時30分~14時30分の予定です。
参加費1000円。スターバックスのコーヒー(レギュラー、カフェモカ、スタバラテ、紅茶からお選びください)とBAKEのチーズタルト付き。

今月のテーマは「卒業」
あなたのおすすめの本を持ち寄り、ゆるりとおしゃべりしませんか?

写真は2月のブックトークの写真です。






メトロ書店長崎本店2019年2月の「ゆるりとブックトーク」は以下の日程で開催いたします。(毎月15日とご案内していましたが、変更になりました)

2019年2月16日(土)14時~15時
場所:メトロ書店長崎本店 ちえの木前
会費:¥1,000(コーヒー&お菓子つき)

テーマ:「寒い季節に熱い本」

参加お申込みは
メトロ書店本店0120-846-468
またはhonten@metrobooks.co.jp

↓写真は12月のブックトークの様子です



100名様ご招待
川崎興産株式会社・メトロ書店創業60周年記念

林真理子さん講演会

講演会の整理券の配布は終了しました。
※サイン本のお渡し会は受付中です。

講演会「読書と人生」
日時:2019年3月27日(水)15時~16時(開場14時30分)
開場:ホテルニュー長崎丹頂の間
入場無料:入場整理券(招待券)をお配りしています。
入場整理券のご予約はメトロ書店本店0120-8460468
講演会会場では本の販売ならびにサイン会はいたしません。

林真理子氏「愉楽にて」サイン本お渡し会


日時2019年3月27日(水)17時~18時 メトロ書店本店(アミュプラザ長崎3F)
メトロ書店のレジにて「愉楽にて」(日経新聞出版)1944円をお支払下さった方先着100名様に林真理子さんサイン本「愉楽にて」お渡し会整理券を
さしあげます。林真理子さんと直接お話しするチャンス

*林真理子さんの他の著作や、すでにお持ちの「愉楽」にてにサインはいたしかねますのでご了承くださいませ。

*お問合せメトロ書店本店0120-846ー468

プロフィール林真理子(作家)


昭和29年(1954年)4月1日、山梨県に生まれる。

昭和51年(1976年)日本大学芸術学部文芸学科を卒業。
コピーライターを経て、

昭和57年(1982年)エッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」を出版、

昭和59年(1984年)処女小説『星影のステラ』が直木賞候補に選出されたことを機に、執筆業に専念。

昭和60年(1985年)『最終便に間に合えば』『京都まで』により、第94回直木賞を受賞。

平成7年(1995年)『白蓮れんれん』により第8回柴田錬三郎賞を受賞。

平成10年(1998年)『みんなの秘密』により第32回吉川英治文学賞を受賞。

平成12年(2000年)直木賞選考委員に就任。数々の文学賞の選考委員を務める。

平成23年(2011年)レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受賞。

平成25年(2013年)『アスクレピオスの愛人』により、第20回島清恋愛文学賞を5受賞。

平成30年(2018年)紫綬褒章受章

【著書】
『ミカドの淑女』『女文士』『不機嫌な果実』『書物をめぐる物語』『年下の女友だち』『anego』『アッコちゃんの時代』『ウーマンズ・アイランド』『RURIKO』
『下流の宴』『本朝金瓶梅』『秘密のスイーツ』『六条御息所源氏がたり』『野心のすすめ』『正妻』『出好語』『ネコ好き、私好き』『フェイバリット・ワン』『STORY OF UJI』『毎ストーリー私の物語』『ビューティキャンプ』『私のスポットライト』『中島ハルコはまだ懲りてない!』『美女は天下の回りもの』『不倫のオーラ』『我らがパラダイス』『西郷どん!』『愉楽にて』など。