メトロ書店おすすめ本

2017年04月21日
長崎の女子大学に入学した東京出身の乙女は、 オランダ坂の外れに一軒の洋館カフェを見つけ、バイトをすることに。 クラシカルで雰囲気たっぷりのカフェのメニューは、一日一品のデザートセットのみ。 その上、雨降る夜にしか開店しないという謎システム。 不機嫌顔のオーナーは、本業不明でやる気ゼロ。 乙女は謎が多すぎるバイトをやめようかと思うが、提供される極上スイーツに攻略され、 徐々にカフェと長崎の歴史に夢中になっていく……。 じげもん(地元民)納得の長崎グルメ小説の決定版です。 著者は大村在住です。
長崎の女子大学に入学した東京出身の乙女は、 オランダ坂の外れに一軒の洋館カフェを見つけ、バイトをすることに。 クラシカルで雰囲気たっぷりのカフェのメニューは、一日一品のデザートセットのみ。 その上、雨降る夜にしか開店しないという謎システム。 不機嫌顔のオーナーは、本業不明でやる気ゼロ。 乙女は謎が多すぎるバイトをやめようかと思うが、提供される極上スイーツに攻略され、 徐々にカフェと長崎の歴史に夢中になっていく……。 じげもん(地元民)納得の長崎グルメ小説の決定版です。 著者は大村在住です。