メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2019.3.5発行 No297  
特集 版元さんリレーエッセイ 次に来るのはこの一冊! 今日もほのぼの日和

版元さんリレーエッセイ

「パイインターナショナル 北川 冬樹様」

 家族の用事で休みをとったある一日、あらかた用事を片付けた私は自家用車で近所の喫茶店にやってきました。 週刊誌一冊、スマホ一台、手帳、ボールペンを机に広げ、何かネタはないか?参考になる文章は…。 メトロニュース版元リレーエッセイの執筆という大役をいただき、その締め切りを三日後に控え、コーヒーを啜りながら頭を悩ませていました。

 運転は不得意ですが、先週、五日間で800キロ車を走らせました。 四国へ季節に一度の出張に出ていたのです。終盤の四日目に滞在した高知県。 季節外れの暖かい一日で、気温は20度を超えました。氷室冴子『海がきこえる』(徳間書店)という小説があります。高知市を主な舞台とした作品で、スタジオジブリからテレビアニメ化されています。 訳あって東京から転校してきた高校二年の女の子と、高知に生まれ育った男の子の恋愛物語なのですが、そこに描かれている人口30万人の地方都市の姿に強く惹きつけられました。
 そんな高知市のある書店に、本を物語を愛してやまない書店員がいます。 オリジナル新聞を作成し、寝る間を惜しんで本を読み、他人には作れないPOPを書く。 他のお店にはない独特な書棚を見ながら、こんな話をしました。極端な言い方ですが、東京や大阪のような大都市で本が売れるのは当たり前。 けれど、人口の少ない場所でも工夫次第で多くの読者に本を届けることはできる!!という話。 それ以来、多くの地方の書店員と大都市に負けないくらい本を売ろうと、励ましあいながら仕事を続けています。 今後メトロ書店さんとお仕事できることがあれば、全力で取り組みたいと思っています。

最後に自社から絵本をご紹介いたします。 『ブラックライトでさがせ!妖怪探偵世界旅行』付属のブラックライトで絵本を照らすと、何もないところに妖怪が光って出てきます。 世界で初めての印刷技術を使用した新しい絵探し絵本。本作はシリーズ第二弾。季節を問わずに売れている話題書。 一度は手に取っていただきたいおすすめの一冊です。
ブラックライトでさがせ!妖怪探偵世界旅行

【北川冬樹様プロフィール】

1984年生まれ。京都府出身。関西・北陸・四国地域の書店を担当しています。趣味でバンドを組んでいて、オリジナル曲を演奏しています。


 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.