メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2019.6.5発行 No300  
特集 版元さんリレーエッセイ 今日もほのぼの日和 次に来るのはこの一冊!

次に来るのはこの一冊!
作家 仁木英之

 全国四千四百万のメトロ書店ファンのみなさまこんにちは。 皆さんは改元の際に何をなさっていたでしょうか。私は平成で一番好きだった映画『フィールド・オブ・ドリームス』を見ながらでっろでろに泣いてました。キモいですね(自画自賛)
さよならよ、こんにちは  さて、次に来るのはこの一冊、今回ご紹介するのはこちら!『さよならよ、こんにちは』(円居挽・星海社)です。小説のジャンルというのはありがたくも厄介なもので、 そのジャンル好きで頭の先までどっぷりはまっている人と、特に興味ないからと手にも取らない人に分かれがちです。
 もちろん、宮部みゆきさんのような何を書いても一級品、どのジャンルでもベストセラーとなる作家さんはいらっしゃいます。私などはその背中を追いかけて失敗しまくっているので、別ジャンルに挑戦する難しさが非常によくわかるのです。自分がこういう作家でありたいという希望と、 世間がどのような物語を求めているというかは 必ずしも一致しているとは限りません。
 円居挽というミステリー作家がいます。『丸太町ルヴォワール』(講談社文庫)という本格ミステリー作品でデビューした彼は、このルヴォワールシリーズを筆頭に、硬軟取り混ぜて質の高いミステリー作品を送り出している。
 本作は円居さんのミステリー作家というよりは、「青春作家」としての力量を示す短編集になっています。青春でミステリーというと米澤穂信さんの古典部シリーズなどが頭に浮かびます。ですが古典部とはまた違う、もう少し胸の深い部分を抉る切れ味がありながら非常に心地いい筆致で青春を描いている。
 この短編集において「ゲーム」が大きな役割を果たしていることと、世界的な大ヒットを続けているソーシャルゲーム 『Fate Grand Order』 でも ミステリー的なシナリオを担当し大好評を博しているのも何か繋がりを感じます。FGOをお楽しみの皆様に加え、青春ミステリー、特に米澤穂信ファンにも強くオススメいたします!


(最近の仁木英之)

 元号が新しくなっても仁木英之の筆は止まりませんぞ!ありがとう平成こんにちは令和ということで本が二冊も出ております。こいつは春から縁起がいいや。一冊目は『ていん島の記』(講談社)雲海に浮かぶ美しき島での大活劇。そして『秀吉の躍進 レギオニス』織田軍団で奮闘する柴田勝家の物語第三弾でありますよ。メトロ書店にて好評発売中!

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.