メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2019年
2018年
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2019.9.5発行 No303  
特集 版元さんリレーエッセイ ステンドグラス 今日もほのぼの日和

特集
オカズ・イシグロのご紹介

本紙編集長 川崎綾子

 2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏。長崎市で生まれ、5歳で渡英したイシグロ氏は「長崎はいつも私の一部」と話し、故郷に対する思いを伝えてくださっています。また、2018年の7月には長崎名誉市民にもなられました。

 ですが、イシグロ氏は執筆活動で忙しく近年は長崎を訪れていません。そこで、イシグロ氏の魅力を発信し、1人でも多くイシグロ氏の作品に触れてもらいたいと、長崎市民の有志がプロジェクトを立ち上げました。

 その名も、「オカズ・イシグロ」。イシグロ氏の作品を読んだことのない方に、「オカズ」をキーワードに、五感で味わってもらおうと、作品の中から連想させる食べ物のレシピを考案。音楽からのアプローチも考えています。(以上「オカズ・イシグロ」紹介文より) そんな「オカズ・イシグロ」のワークショップに本紙編集長が参加してきました。

 今回の作品は「夜想曲集」(ハヤカワ文庫)
伊沢拓司さんイベント写真  まずは長崎中央公民館の井手館長による第一章「老歌手」の中に登場する曲をLPで鑑賞しました。「恋はフェニックス」(トニー・ガードナー)、「ほれっぽいわたし」(チェット・ベイカー)、「One for my baby,and One for more」(ウィリーネルソン)そこから喚起されるイメージと、文章の中のキーワード
(右写真:付箋の画像参照)を元にレシピを考案していきます。
 ○○の△△、というのがお題。

 私は「ためらいとすれ違いのレモネード」を考案しましたが、私のグループの方達は、タピオカドリンクやソルティドッグだったり、これをワイワイ言いながら考えるのがとても楽しかったです!(時には笑いすぎて涙まで出ました)
伊沢拓司さんイベント写真  どうしてこんなに面白いんだろう、とまじめに考えてみたところ、架空の世界、つまり想像の世界で、想像上のドリンクを考えるから楽しいんだなと思い当りました。だって、想像はとても自由なんですもの。

 それにしても色んな人が集まると色んなアイデアが出るもんだなぁと感心しました。

 カズオ・イシグロフィーバー、すこし下火になった感もありますが、私はライフワークとして、これからも彼の魅力を追っていきます。

 そして、ぜひカズオ・イシグロさんを長崎にお招きして、メトロ書店でサイン会をしてもらいましょう!!

ティラミス写真 ⇒写真・オカズフードクリエーターの北岡さんによる「ティラミス」も試食。
 オカズ・イシグロに参加ご希望の方はメール okazuishiguro@gmail.comまで。


 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.