メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2020.2.5発行 No308  
特集 版元さんリレーエッセイ おすすメトロ 今日もほのぼの日和

次に来るのはこの一冊!
作家 仁木英之

 今年の冬は暖かく、奈良の山奥でも一度も雪かきをしないという異常事態となっております。それは世間が早々に発見してしまった『熱源』のせいではないか。素晴らしい物語はいつ出会っても良いのですが、いち早く触れる喜びをこれから追求していく所存であります。

『貧乏神あんど福の神』(田中啓文・徳間文庫)  鼻息荒くお送りする「次に来るのはこの一冊」通称「ツギクル本」、今回ご紹介するのはこちら! 『貧乏神あんど福の神』(田中啓文・徳間文庫) いち早く触れる喜びとか言って大ベテラン田中啓文かい、とつっこんだあなたは本当の読書人です。1993年に推理小説で公募の賞を、ファンタジー小説でデビューし、代表作と世間では見られているであろう映像化作品『水霊』はホラー。しかし数年後にSF作品で星雲賞を獲得とそれこそ弘法筆を選ばずの活躍ぶり。そのタイトルもズバリ『銀河帝国の弘法も筆の誤り』 綿谷りささんの大ヒット作パロディ『蹴りたい田中』も話題になりましたね。

 そして本作、大名家のお抱え絵師だった葛幸助は、今、大坂の福島羅漢まえにある「日暮らし長屋」に逼塞中……。というど真ん中の時代市井ものときた。いやもう、これがめちゃくちゃに面白い。でも読み終えても何が面白かったのかいな、と一瞬首をひねるようなわけのわからなさがある。

 この得体のしれぬ面白さ、実は『熱源』の前に直木賞を獲った大島真寿美さんの『渦』に通じるものがある。それは何かというと「語り」の面白さです。田中さんは作家活動と並行しながら、落語家とコラボした「ハナシをノベル」や盟友北野勇作さんと「暗闇朗読隊」を結成して物語の奏でる「音」を非常に重要視されている。『渦』を読んだ時には関西の名ラジオパーソナリティである桑原正平さんを想起したものですが、田中さんの文章にはまさに「高座」のリズムがある。ぜひ読みつつ聞こえてくる、という異次元の体験を田中啓文作品でお楽しみください!


(最近の仁木英之)
鉄舟の剣 幕末三舟青雲録  柴田勝家の一代記『レギオニス』、現代東京を舞台にした忍者小説『立川忍びより』、天空の島を描いた冒険ファンタジー『ていん島の記』、あの世への坂道のシリーズ『黄泉坂案内人 愛しき約束』と刊行してきたわたくしめが今年最後にお送りするのは『鉄舟の剣 幕末三舟青雲録』激熱の剣豪青春小説となっております。もちろんお求めはメトロ書店でどうぞ!

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.