メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2019年
2018年
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2020.10.5発行 No316  
特集 版元さんリレーエッセイ 今日もほのぼの日和 次に来るのはこの一冊!

特集
秋の夜長に読みたい専門書
メトロ書店本店 石田道代
考えるナメクジ 食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…。どんな秋をお過ごしですか?
今回は専門書担当の石田が、秋の夜長に読みたいオススメ本を紹介します。
1冊目は『考えるナメクジ』(松尾亮太/著 さくら舎)です。
家庭菜園が好きな私にとっては天敵なのですが、よく売れている本なのです。
  家庭菜園が好きな私にとっては天敵なのですが、よく売れている本なのです。
  実は、ナメクジには1.5ミリほどの脳があり、学習や論理思考ができるのだそうです。しかも、脳や触角は壊れると再生するのだとか。ただし、それまでの記憶は消えてしまうのだそうです。なんだか羨ましいような、そうでないような。消したい過去の記憶だけ壊して、脳を再生できたらいいのに!…なんて、都合の良いことを考えてしまいました。
  今までに知り得なかったナメクジのことがわかり、とても興味深い一冊です。何より、著者のナメクジへの愛情を感じられるのが、読んでいてとても心地よいです。

愛するということ   愛情といえば、哲学者エーリッヒ・フロム生誕120年を記念して、代表作『愛するということ』(紀伊国屋書店)が30年ぶりに改訳・新装版で出版されました。
  今の時代に合わない用語や表現が訳し直され、たいへん読みやすい内容になっていました。
  私がこの本に出合ったのは15年程前です。その頃は、愛することも愛されることも当たり前にあるものだと思っていました。だけどそうではなくて、それがあり続けるためには努力と習練が必要なのだと、今回、読み直して改めて感じました。
  愛されることも、愛することも、もっと経験を積まないとなかなか理解できないことの一つなのかもしれません。それでもこの本は「愛し、愛されることを諦めてはいけない」と、私に語りかけてくるのです。
  コロナウイルス流行後、他者との距離や接し方が大きく変化しました。自分を守るために他者を傷つけてしまうこともあると思います。他者を思いやり、信じるには努力や覚悟が必要ですが、フロムの『愛するということ』はその「愛する技術」実践のためのヒントを与えてくれる希望の書だと思います。
  聖書に「汝の敵を愛せよ」という言葉があります。ナメクジに悪意はないけれど、私はナメクジを愛せるようになるでしょうか。我が家の庭のナメクジも、学習して住処を変えてくれればいいのになぁ…。ナメクジさん、どうぞご検討ください。

*編集部より
石田は10月より、専門学校メトロITビジネスカレッジに異動しましたが、本店専門書コーナーで元気に展開中です。


 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.