メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2019年
2018年
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2020.12.5発行 No318  
特集 版元さんリレーエッセイ ブクブクコラム 次に来るのはこの一冊!

特集
本のある風景 〜祖母との散歩道〜
長崎市 20代 ドリー

 大分涼しくなってきた11月の終わりのことだった。神社の境内にある茶屋にうどんを食べに行った。連れはもちろん家にいた祖母である。私は根っからの出不精なので、出かけるまでに時間がかかった。やはり神社は雰囲気が良いもので清々しい気持ちになる。とことこ歩いていたら茶屋に到着した。何年間も来ていないように感じられたが、つい半年前に来たようにも思われる。

 祖母の散歩道はいつも決まっているようだった。神社の裏手をぐるっと回る。「昔はここに東屋みたいな古家があった」「たしかにあった気がする」取り留めのない会話の中にも思い出が沢山詰まっている。祖母は、結婚してこちらに来た初めの方、嫁姑問題やらで辛い生活を送っていたそうだ。「ストレスが溜まるとこの木に抱き付きに来ていたのよ」と言って、大きな太い木を指さした。抱き付いても幹の向こう側には腕が回りきらないほどだった。散歩道の途中にあるその木はとても立派であった。

 また、祖母は頭の中で色々なお話を作り出すことが得意だと再確認した。大きな石がまばらに転がってある風景を見ると「あの巨石群はなぜここにあるのか」と謎解きをし始める。何かを祀っていたのではないか?といった具合である。その後、「絶対に何かあったであろう跡地」を巡り、カフェに入った。まずは水で乾杯した。祖母の感性の鋭さに完敗した散歩であった。

ムーン・パレス  さて、家族といってもいろんな形態の家族がある。いまから紹介する本は、『ムーン・パレス』(ポール・オースター、柴田元幸訳、新潮文庫)という本である。舞台は、1960年代アメリカ。父を知らず、母と死別した主人公は、唯一の血縁だった伯父すらも失ってしまう。そこから人生が面白いように転落し始めた。ドン底まで落ちぶれた主人公は、ひょんなことから一風変わったアルバイトに手をつける。主人公の第二の人生が幕を開け、知る由もなかった家族の秘密に触れることになり・・・。この話は主人公が大学生であり、若い人にこそ読んで欲しい絶品の青春小説である。心が若い人にもなおさら読んで欲しい。

 特に、ドン底時代の生活の様は目を見張るものがある。自分のことではないのに、なぜか心が揺さぶられるのだ。


 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.