Vコース 話題の新書

今大人気の新書の中から、最新で話題性のある作品を、
毎月2冊ずつお届けします。

各月のお届け本を紹介します。
4月
チョムスキーと言語脳科学
チョムスキーと言語脳科学
著者:酒井 邦嘉
出版社 集英社インターナショナル
価格 929 円(税込)
発行年月 2019年4月
判型 新書判
脳科学が人類最大の謎に挑む―。すべての自然言語には共通の基盤があり、言語機能は生得的だとする「生成文法理論」は正しいのか。言語研究の「革命」を告げるチョムスキー著『統辞構造論』を詳しく解説し、生成文法理論の核心となる“文法中枢”が脳内に存在することを、言語脳科学の実証実験によって明らかにする!

世界の中心でAIをさけぶ
世界の中心でAIをさけぶ
著者:片山 恭一
出版社 新潮社
価格 814 円(税込)
発行年月 2019年7月
判型 新書判
世界に新しい宗教が生まれつつある。その名は「シンギュラリティ」。急速に進化する人工知能がやがて人間知を超えたとき、人間存在の意味はどこに見いだせるのか。ビッグデータとアルゴリズム、AIが支配するデジタルテクノロジーの中心地アメリカ西海岸を旅しながら、変わりゆく人々の思考様式、労働と民主主義の価値、国家と企業の未来像を見つめる。ベストセラー作家が深く問う、AI時代の人間の意味論。
座右の書『貞観政要』
座右の書『貞観政要』
著者:出口 治明
出版社 KADOKAWA
価格 946 円(税込)
発行年月 2019年12月
判型 新書判
稀代の読書家が、自らの座右の書をやさしく、深く解説!『貞観政要』は中国史上もっとも国内が治まった「貞観」(627~649年)の時代に、ときの皇帝・太宗と臣下たちが行った政治の要諦(政要)がまとめられた書物。北条政子、徳川家康、明治天皇も愛読しており、「時代を超えた普遍のリーダーシップ」が凝縮されている。

フィンランド人は
                    なぜ午後4時に仕事が終わるのか
フィンランド人は なぜ午後4時に仕事が終わるのか
著者:堀内 都喜子
出版社 ポプラ社
価格 946 円(税込)
発行年月 2020年1月
判型 新書判
ワークライフバランス世界1位!フィンランド流ゆとりのある生き方。フィンランド人は、仕事も、家庭も、趣味も、勉強も、なんにでも貪欲。でも、睡眠時間は平均7時間半以上。ヘルシンキは、ヨーロッパのシリコンバレーと呼ばれる一方で、2019年にワークライフバランス世界1位に。やりたいことはやる。でもゆとりのあるフィンランド流の働き方&生き方の秘訣を紐解きます。
私の考え
私の考え
著者:三浦 瑠麗
出版社 新潮社
価格 858 円(税込)
発行年月 2020年4月
判型 新書判
「人生は一回限り。人間、迷ったら本音を言うしかない」――常に冷静に、建設的な議論を求めるスタンスで言論活動を続けてきた著者が、思うままに本音を語る。「〝リベラル〟にも女性憎悪は潜んでいる」「『性暴力疑惑』を報じる価値」「政治家が浮気してもいい」「怖がっているだけでは戦争はわからない」「恋は本当に美しいものだから」etc.政治について、孤独について、人生について、誠実に書きとめた思索の軌跡。

「関ケ原」の決算書
「関ケ原」の決算書
著者:山本 博文
出版社 新潮社
価格 880 円(税込)
発行年月 2020年5月
判型 新書判
金がなければ戦はできぬ! だが天下分け目の大いくさで、東西両軍で動いた金は総額いくらになるのか? 『「忠臣蔵」の決算書』に続き、日本史上の大転換点をお金の面から深掘り、知っているようで知らない「関ヶ原の合戦」の新常識を提示する。そもそも米一石は現代なら何円? 徳川家康は本当に儲かったのか? なぜ敗軍に属した島津家がおとがめなしで生き延びたのか? 史上最も有名な戦の新たな姿が浮かび上がる。
どうしても頑張れない人たち
どうしても頑張れない人たち
著者:宮口 幸治
出版社 新潮社
価格 792 円(税込)
発行年月 2021年4月
判型 新書判
「頑張る人を応援します」。世間ではそんなメッセージがよく流されるが、実は「どうしても頑張れない人たち」が一定数存在していることは、あまり知られていない。彼らはサボっているわけではない。頑張り方がわからず、苦しんでいるのだ。大ベストセラー『ケーキの切れない非行少年たち』に続き、困っている人たちを適切な支援につなげるための知識とメソッドを、児童精神科医が説く。

マスクをするサル
マスクをするサル
著者:正高 信男
出版社 新潮社
価格 792 円(税込)
発行年月 2021年4月
判型 新書判
マスク着用の標準化は、すでに受け入れざるを得ない社会の現実だ。しかし、誰もが顔の半分以上を蔽い隠すという習慣は、動物間の認知とコミュニケーション、さらにはヒトの性にかかわる意識をも、大きく変えてしまうかもしれない。コロナ禍の象徴・マスクは人類史上、パンツにも匹敵する行動変容をもたらすのか。霊長類学と人類学、社会学や文学など多様な視点から考える、ポスト・コロナ文化論の試み。
古代史の正体
古代史の正体
著者:関 裕二
出版社 新潮社
価格 792 円(税込)
発行年月 2021年4月
判型 新書判
「日本文化の基層は弥生人が作った」「大化改新で悪玉の蘇我氏が成敗された」―。この種の「通説」は旧態依然のまま半世紀前と変わらない。それを乗り越えるためには、考古学の知見を生かした上での、大胆な推理が必要となる。「神武と応神は同一人物」「聖徳太子は蘇我入鹿」「壬申の乱は親蘇我と反蘇我の闘い」など、透徹した目で古代史の真実に迫ってきた筆者のエッセンスを一冊に凝縮した、初めての通史。

お殿様の定年後
お殿様の定年後
著者:安藤 優一郎
出版社 日本経済新聞出版
価格 935 円(税込)
発行年月 2021年3月
判型 新書判
江戸時代は泰平の世。高齢化が急速に進む中、大名達は著述活動、文化振興、芝居見物などで隠居後の長い人生を謳歌した。権力に未練を残しつつもそれぞれの事情で藩主の座を降りた後、時に藩の財政を逼迫させながらもアクティブに活動した彼らの姿を通じ、知られざる歴史の一面を描き出す。
はじめての動物倫理学
はじめての動物倫理学
著者:田上 孝一
出版社 集英社
価格 968 円(税込)
発行年月 2021年3月
判型 新書判
ベジタリアンやビーガンといえば、日本ではいまだ「一部の極端な偏った人」と思われる風潮があるが、世界では、肉食と環境問題は密接にリンクした問題として認識が広まっている。動物倫理学は功利主義の立場から動物解放論をうたうピーター・シンガーを嚆矢とし、一九七〇年代から欧米で真剣な議論と研究が積み重ねられ、いまや応用倫理学の中で確固とした地位を占めるに至った。倫理学の基礎に始まり、肉食やペットなど具体的な問題を切り口に、いま求められる動物と人間の新たな関係を問う、動物倫理学の入門書。

人新世の「資本論」
人新世の「資本論」
著者:斎藤 幸平
出版社 集英社
価格 1,122 円(税込)
発行年月 2020年9月
判型 新書判
人類の経済活動が地球を破壊する「人新世」=環境危機の時代。気候変動を放置すれば、この社会は野蛮状態に陥るだろう。それを阻止するためには資本主義の際限なき利潤追求を止めなければならないが、資本主義を捨てた文明に繁栄などありうるのか。いや、危機の解決策はある。ヒントは、著者が発掘した晩期マルクスの思想の中に眠っていた。世界的に注目を浴びる俊英が、豊かな未来社会への道筋を具体的に描きだす。
次の配本発表までお待ちください
次の配本発表までお待ちください
著者:
出版社
価格
発行年月
判型
次の配本発表までお待ちください
次の配本発表までお待ちください
著者:
出版社
価格
発行年月
判型
次の配本発表までお待ちください
次の配本発表までお待ちください
著者:
出版社
価格
発行年月
判型
次の配本発表までお待ちください
次の配本発表までお待ちください
著者:
出版社
価格
発行年月
判型
次の配本発表までお待ちください
次の配本発表までお待ちください
著者:
出版社
価格
発行年月
判型
次の配本発表までお待ちください
次の配本発表までお待ちください
著者:
出版社
価格
発行年月
判型

  • 選りすぐりの作品を集めた大人のためのコースです。 できるだけ新しい本をご案内するために、配本の3ヶ月前に内容をご案内いたしますので、ご確認下さい。

お申込み
初めての方へ
よくあるご質問
学習ノートお申込み
オリジナル読書ノート
みんなの声
資料請求