おすすめ本

2022年5月
名もなき子
水野梓/著
(ポプラ社・1,980円)

混濁し、困窮していく世界の中で、人が人として生きることの意味を問い直す社会派大作。
(投稿日:2022-05-20)

奏弾室
仁木英之/著
(徳間書店・781円)

「僕僕先生」シリーズなどの中華幻想小説から歴史小説など、様々なジャンルで活躍する著者が、音楽をテーマに描く優しい物語。メトロ書店の社長が解説を執筆。
(投稿日:2022-05-13)

ワカレ花
けんご/著
(双葉社・1,375円)

『コメント』 『TikTok』で薦めた作品が続々重版! 話題の小説紹介クリエイター・けんごが手がけた初の小説は、花をモチーフにした恋愛小説。 「始業式」「散り桜」「夕立ち」「花火」「落ち葉」「コスモス」「雪景色」「ユキヤナギ」の8編を収録 『あらすじ』 花をモチーフにした恋愛短編集。
(投稿日:2022-05-06)

今までに紹介したおすすめ本